NEWS

今後、目指すべき方向性

2009年12月28日月曜日

こんにちはルーム竹中です。
 
こちらの会社にお世話になり早1年が過ぎようとしております。

思えば前職の突然の解散から、ルームにお世話になってからまだまだやりたらない事ばかりですが、目指すべき方向性には一歩一歩進んでいる気がします。
 
2010年はその目指すべき方向性に真剣に取り組んで行くべきと考えます。
 
我々制作会社として面白い事とはなにかを掘り下げる必要があります。

広告業の本質を考える上で我々はビジネスを成功に導く会社である必要があります。
我々は何で利益を得ているのか、どういう会社であるのかを真剣に考える必要があります。
 
ただ面白いでは駄目ビジネスを成功にに導く事が大前提なのです。
 
その本質から広告というものとして生み出された制作物が結果的にすごい発想だ 誰にも考えつかないものだと心に落とし込む事が重要なのです。
 
開発費、商品の売上に見合う広告手法なのか?
・ただお金をかければいいのか、
・単純にテレビCMやりましょう
・電車の吊革広告やりましょう
だけでは駄目だと考えます。
 
そこにコミュニケーションがデザインされてなければそれは単発の企画にすぎません
 
この情報化社会において
たくさんの商品、広告を見てきた人達には響きません。
面白い事、驚くべき事とはそれを超越したものであると我々は考えます。
 
来年たくさんの会社が共に面白い事を発信出来た時に

そこに新しい価値が生まれると我々は考えます。

カテゴリー: スタッフVOICE- 新着情報

Room社長インタビュー第一回「立志篇」公開しました。

2009年12月22日火曜日

Room社長インタビュー第一回「立志篇」公開しました。
http://wakasan.roomltd.asia/

ピクチャ 1

カテゴリー: news- スタッフVOICE- 実績- 新着情報- 社長VOICE

コピーライター藤田真介さんにつきまして訂正と謝罪

2009年12月17日木曜日

コピーライター 藤田真介さんにつきまして弊社Roomに入社したような情報が流れているようです。
藤田さんはRoomにデスクを持ち毎日出社しておりますが、あくまで外部ブレーンです。

過去におきまして私が藤田さんがいかに優秀なコピーライターであるかを自慢するあまり、あたかも弊社の社員であるかのような発言をしたかもしれませんが、弊社と藤田さんがは雇用契約を結んでおらず個人的な仕事も受注しておられます。

関係者各位に誤解を招いてしまった事を謝罪するとともに、謹んで訂正致します。

Room代表 若林 尚

カテゴリー: news- 社長VOICE

WEBデザインポータルサイトに弊社のサイトが紹介されております

2009年12月08日火曜日

弊社のスペシャルサイトがWEBデザインポータルサイトに
掲載されております。
そうそうたるサイトの中でも光るサイト作りをこころがけたいと思います。

http://bm.s5-style.com/index.php/category/creative/3dピクチャ 2

カテゴリー: news- 新着情報

年末年始のお知らせ

2009年12月06日日曜日

平素は格別なるご高配を賜り厚く御礼申しあげます。
本年も残すところ僅かとなりました。
弊社の年末年始の営業を下記のとおりとさせていただきます。
大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますよう

お願い申し上げます。

2009年12月28日(月)~2010年1月5日(火)まで休業させて頂きます。

※ 2010年1月6日(水)より、通常業務を開始します。
※ 休暇中のお問い合せにつきましては、1月6日(水)以降に対応させていただきます。

カテゴリー: news- 新着情報

Roomが考えるSEO対策の重要性

2009年12月06日日曜日

こんにちはroom竹中です。

先月からさらにSEO施策強化を行っている当社ですが、当社は制作会社という強みをいかして、SEOの施策と制作を同時に行う事ができます。

なんだそんなことかと思われる方がいらっしゃるかもしれませんがほとんどの企業はSEO対策企業と制作会社にわけられます。

外部リンクをはれば検索の上位に表示されていた時代はもう終わり、ヤフーやグーグルといった大手検索事業者は最近は不正なリンクがはられたサイトを排除する動きが活発になってます。

そこでルームではSEO対策と制作を同時に行う事でより効果的なサイト制作をつうじてクライアント様のビジネスのお手伝いを行ってます。

ピクチャ 1

ここでSEOの事をあらためて説明ししたいと思います。

検索上位にあがることってそんなに重要なの?と思う方もいるでしょう。ああ、なんてこと!ではまず、「想像してごらん」と言わせて頂きます。「想像してごらん、ノートパソコンが欲しかったとして」。さてあなたなら、どこから始めますか?いきなり家電ショップへ行ってみる、それもアリ。でも種類がたくさんありすぎて、どれを選べばいいか分からないという事態になりかねません。さらに、何とか欲しい機種をしぼったとしても、ちょっと待って、本当にその家電ショップで買うのが一番おトクなんでしょうか。これだけ安売り店が氾濫しているんだから、もっと価格の安いお店があるんじゃないか…。そう考え出したらもう、「どうしていいか分からない地獄」から抜け出すことは、なかなか難しいです。こんな時、世の中の大多数の人はどうしているのか?答えはそう、「まずネットで調べる」が正解です。

名1称未設定

やっぱりみんな、まずはネットで調べているんだね。そうなんです。そしてここからが、いちばん大事。ネットの検索結果ページですが、上から何番目までチェックしていますか?検索結果の2ページ目、3ページ目と進むにつれ、「チェックする」という人が少なくなるはず。逆に、検索結果1ページ目、順位で言えば1位〜10位にあがってきたサイトは、殆どの人がチェックするはずです。つまり検索結果が上位であればあるほど、「サイトの閲覧者が増える=お客様が増える」ということなんです。だからこそ今、SEO(検索順位をあげる為の対策)がこれほど重要視されているわけです。

本日はここまでつづきはまた書かせて頂きます。

名称未設定

カテゴリー: news

今後のビジネスモデルにおいて

2009年11月28日土曜日

本日は以前お世話になりました会社の皆様とゴルフを楽しみました、土曜の

7時スタートという過酷な時間で、5時起きというハードスケジュールながら

なんとかラウンドできました。

images

その後、その方々とビジネスモデルについての話でもりあがり、当社の

今やろうとしている話をして、デザインプロダクションでないインターネット

プロモーションに特化したクリエイティブ制作会社の話をしておりました。

logo

その中で、他の制作会社ではまずやってない事があります。

それは当社では事業の立ち上げからお手伝いをさせて頂きます。

共にビジネスモデルを作り、事業計画を作り、さらに経営面でのバックアップ

をしそれから広告プロモーションの提案に移ります。

logo

さらにSEOからインターネット広告から導かれた結果をもとに目に見える

効果測定、数字としてあらわされるものから次の提案に移るという形で

完全にビジネスパートナーとしての制作会社の形をもっていることでした。

写真

今後デジタルサイネージの制作から、自社媒体制作とますます頑張っていく姿

に共感していただけたと思います。驚きと感動を与えれる仕事をし続けるよう

roomは頑張っていこうと思います。

写真

ずいぶん手狭になりました、早くもっと広いとこに引越ししたいですね。

カテゴリー: news- スタッフVOICE

年末のお仕事予定

2009年11月25日水曜日

こんにちはルーム竹中です。
ルームでは年末年始に向けて、おかげさまで仕事のスケジュール

がいっぱいです。これもひとえにクライアント様、共に仕事を続ける
ルームの仲間の皆様のおかげと思っております。

今月来月のデジタルサイネージ、プロモーション企画の成功が来年

再来年と飛躍する大きな土台となります、

おおいに頑張っていきたいですね!!

060429_malera_2f_h400

昨日東京へ行って参りました、最近は週に1〜2回は東京です

弊社社長も年末から年始と東京出張が増えてきます

もう一踏ん張り頑張りましょう!!

写真

東京メトロのロゴはいいですね

そういえば東京メトロ内にデジタルサイネージ設置が

大々的に発表されましたね、あれはいい事例です。

東京メトロが駅ナカ・サイネージ,細かい時間の広告獲得が可能に

カテゴリー: スタッフVOICE- 新着情報

楽園のようなオフィスとボツ・アイディア

2009年11月17日火曜日

僕の会社Roomは気づいたらパートさん含め社員が7人になってたんですが、毎日笑いが絶えません。
なんだか、高校のクラスみたいです。


どんだけ自由な会社なの!

さて、そろそろ年賀状準備の季節になってきました。
弊社イケメン・デザイナーにデザインを頼んだら、案として持ってきたのが下の写真。
waka

本物のタオルを作って郵送すると言う案で、ちょっとグラッと来ましたが、もらった人の困惑を考えてボツにしました。

でも、もっとインパクトある案を考えている事でしょう。

ね、イナッチ!?

あと、”Room”でJWordを登録しました。
Yahoo!で”Room”と入れて検索するとこれから一年間、検索結果右側トップに株式会社Roomが表示されます。
http://bit.ly/2yIX4U
ccp1

これワードによりますが意外に安い値段で登録できます。
Roomで登録代行しますので、社名とかYahoo!の検索結果上位に出したい方はご相談下さい。

カテゴリー: 社長VOICE

サイネージのキモはサウンドにあり。

2009年11月12日木曜日

img_1995

今回は弊社で取り組んでいるデジタルサイネージについて。

現在Roomではサイネージ用のサウンド制作を二つのスタジオに依頼している。
一つは CM 、VP、番組のポストプロダクション 、もう一つはプライベート・スタジオなのだが、どちらもコンソールはSSL、録音はProToolsで互換性も確保されている。

サイネージ用にはオーバー・クオリティと言える程のスタジオを弊社が使っている理由は、サイネージの重要なポイントはサウンドにあると考えているからだ。

プライオリティで言うと、
1. ナレーション
2. S.E
3. BGM
の順番になるが、それにもまして重要なのが2ミックスを作る時のバランスになる。

TV-CFの場合、取りあえずコンプで叩いてどんな環境下でもハッキリ聞こえる音づくりを目指すのだが、サイネージの場合は送出される端末・環境がハッキリ見えるわけで、それに合わせたバランスが大切になる。
極端な話し、ホテルや空港のロビーに設置する端末で流すサイネージには、アンビエント・ミュージックのように環境に馴染んで視聴者にストレスを与えず、かつサブリミナルに浸透するようなミックスが必要となるだろう。

上記の二つのスタジオには良い機材もさることながら、優秀なサウンド・エンジニアが居る事が素晴らしい。

実は二人とも名前を出すとあっと驚くアーテイストで、一人はクラブ・ミュージックの若き天才クリエータ、もう一人はダブ・ミュージックのエンジニアあがりで、どちらも音像の空間処理にたけている。

二人とも僕のサイネージ用サウンドに対する考えに賛同し、アイディアを出し合って実験的な試みに挑戦してくれる。

いずれはサウンド・データだけではなく、端末とそれに付属するPA(音響装置)までコントロールしたいと考えている。

Room 代表 若林 尚拝

カテゴリー: 社長VOICE

株式会社RoomのTwitter