NEWS

新年のご挨拶と今年の目標(但し個人的な)

2011年01月06日木曜日

謹んで新年のお祝いを申し上げます。
旧年中は一方ならぬご愛顧を賜わり厚くお礼申し上げます。
貴社ご一同様のご多幸と、貴社のご繁栄を心よりお祈り申し上げます。

さて、ここからは新年一発目らしく「今年の目標と抱負」について。

会社の経営戦略的な目標ももちろんあるけど、まだ書けない事も多いので個人的な目標と抱負を書く。

1. 年間100冊の本を読む。

本の虫だった学生の頃は年間200冊程の読書量だった。

「将来の夢は古本屋店主」
と、公言する父の一万冊近い蔵書から手当り次第読んでいた。
それが会社を始めた5年前から、年間50冊ぐらいに減ってしまった。

今年は青空文庫とiPad、iPhoneの組み合わせで過去の名作を、それ以外では特に経済とロボット工学関係の本が読みたい。
早速この正月休みに3冊を読破。
うち一冊、カレル・チャペックの戯曲”R.U.R”は90年前に書かれたとは思えない面白さでお薦め。
http://www.alz.jp/221b/aozora/rur.html
R.U.R.(Rossum’s Universal Robots)
カレル・チャペック Karel Capek 大久保ゆう訳

ロボット工学の本ではないけど、ロボットの持つ宿命を良く表現している.


2. 年間50本映画を見る。

シネマコンプレックスとかで、特に3D映画を見る。結局、去年3Dコンテンツを一本も見ていない。これは映像関係の仕事に関わってる立場上、ちょいとマズ果たして3Dは表現として生き残るのか、否か?
でも劇場ってなかなか足を運べないんだよね。劇場は月一回行ければいい方だろう。
残りは、

・レンタルDVDで過去の旧作を借りる →MacBookでリッピング → iPadにコピーして空いた時間に見る。
↑この方法になりそう。

あとコストパフォーマンスにすぐれたAppleTVも気になっているのだが、ほとんど自宅に居ない今の生活スタイルでは宝の持ち腐れになる可能性大だな。


3. 年間10曲を作る。

2010年は多く人の協力もあって一曲(とそのREMIXを一曲)をliberally(ライブラリ、自分が主催するレーベル名)から世に出すことができた。

http://www.otaiweb.com/shop-item-fid20459.html?otaicart=a0c5951b3056614a3ed1f9853751976f

(オタイレコードさんのCD紹介ページ)
今年は10曲作り、さらに多くの曲をリリースしたい。

4. 月に一本以上、このBlog を更新する。


これが一番難しいかも。頑張ります。

カテゴリー: 社長VOICE

年末年始休業のお知らせ

2010年12月29日水曜日

平素は格別なるご高配を賜り厚く御礼申しあげます。
本年も残すところ僅かとなりました。
弊社の年末年始の営業を下記のとおりとさせていただきます。
大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますよう
お願い申し上げます。

2009年12月28日(火)~2010年1月5日(水)まで休業させて頂きます。

※ 2010年1月6日(木)より、通常業務を開始します。
※ 休暇中のお問い合せにつきましては、1月6日(木)以降に対応させていただきます。

カテゴリー: news

モノの時代から人の時代になった。

2010年12月02日木曜日

こんにちはRoom竹中です。先日大変興味深い記事を見つけ、なるほどなと思い
我々の業界にもあてはめてみるとぴたりとくる内容だったのでご紹介したい。

重要なキーコンセプトは
営業は利益を、開発は売上を

当社の中心事業は広告業である。広告業を営んでいる以上、クライアントの要望
は一つ商品を売りたい

そのために何をするかである。

問題は、「既に市場で売り出されている製品Xについて、さらに利益を上げるため
には、どうするか」というものです。もちろん、市場や経済は、様々な要素や人間
の気持ちによって左右されますので、画一的な回答があるわけではありません。
ただ、一般論として、利益を上げるには、

(i)価格を上げる、(ii)販売数量を増やす、(iii)仕入値を下げる、(iv)固定費を下げるの
4つしかありませんので
どれを採用するのが一番効率的であるかという問題です。

例えば、売上を増やすというのは、(i)と(ii)の優先順位をつけないで、価格× 数量を
増やそうといっていることとなり、現実的には(i)を放棄してでも(ii)を採ること
(=値下げ販売)を意味するケースが多いように思います。

ある方の意見は、多くの場合において、利益を上げるためには、(i)が最も有効という結論でした。
もちろん、(i)価格を上げすぎて、販売数量がゼロになってしまえば、売上はゼロです
ので、限界があることは明らかです。

ただ、一般に、値下げして数量を増やすより、値上げした方が数量が減り、仮に売上が
減っても、利益が増えることが少なくないという見解であり、このことは、ある程度
理論的に、又は実証的に根拠づけることができるようです。


販売部門、営業部門に、売上目標を立てるのは愚策である。
販売部門や営業部門は、利益を出すための部署であり、利益が出せないのであれば、
どんなに売上があっても、営業としては駄目である。

営業部門の一人一人に利益目標を与えると、安易な値下げが最も良くないことが営業
の現場の人間でもわかるようになる。

一方、生産部門、開発部門が、費用削減を目標にするのも愚策である。

そのような目標を立てると、イノベーションが起きなくなる。そして、それどころ
か、食品の場合、混ぜ物をして原価を下げようとする。

なぜなら、材料費をより下げるしようとする方向に努力が向かうからである。
多くの偽装事件が食品業界に生じているのは、食品メーカーの生産部門、開発部門
が費用削減を目標にしているからではないか。

原価を下げようとすると、混ぜ物、水増し、産地偽装、消費期限切れ商品の再利用が
生じる。開発部門は費用を削減して利益確保を目指すのではなく、売れる商品を
つくることに専念すべきである。

営業部門が「こんな商品売れないよ」と言ったら、開発部門は、素直にそれを認めるべき。
「物が売れないのは営業のせい」ではない。

これからの時代は、商品が人に与える価値で勝負が決まる。

開発が目指すべきは、原価削減による利益確保ではなく、魅力的な商品による売上向上である。


昔のような「作れば売れる」時代は終わった。物の時代から人の時代に
なったのだから人を中心に考えなければ駄目だ。


前世紀の日本企業は、営業部門に売上目標を、開発部門に利益目標を立てている
会社が多かったのではないだろうか

今世紀はそのような目標設定では駄目だ。営業は利益を、開発は売上を目指すべきなのである。

この話は、多くの業界に通じる話ではないでしょうか!!
というお話しです。

広告枠
バッテリーの交換をお考えなら再生バッテリーのクレド

カテゴリー: news

NHKドラマ 心の糸

2010年11月16日火曜日

こんにちはroom竹中です。
最近はともも寒くなり 手袋が必要な季節になりましたね。
今年は昨年以上にインフルエンサが猛威をふるうと聞いてますのでくれぐれも
体調には気をつけないといけませんね。

さて弊社が制作させて頂いております
NHKドラマ 心の糸のサイトがアップされました。

気になる概要は!!

自らのつらい人生のために、息子の人生に大きな期待を寄せる母
母の人生を理解しつつもその束縛から逃れ、自分の道を進みたいと思う息子
強い絆のために、ぶつかり合う親子。 激しい対立の末に訪れる自立の瞬間――

今から放送がとても楽しみです。ぜひご覧下さい。

詳しくは下記のサイトをご覧下さい

スクリーンショット(2010-11-16 19.05.37)





ウコン 通販   再生バッテリー

カテゴリー: news

事務所移転のお知らせ

2010年08月10日火曜日

こんばんはルーム竹中です。

このたび株式会社Roomは8月16日より事務所を移転させていただきます。

新住所は新栄駅から歩いて3分の一階に素敵なカフェのあるビルです。

名古屋市中区新栄2-2-19 新栄グリーンハイツ5階 503

tel:052-249-8090

fax:052-242-3501

会社設立3年で2回目のお引越しになります、当社も順調に拡大を続け
来年度さらなる飛躍を胸に頑張るだけでございます。

10月には東京オフィス開設に向け現在進行中であります。
未来に導けるアイデアを形に!!をコンセプトに
今後とも株式会社Roomをよろしくお願いいたします。

カテゴリー: news

夏期休業のお知らせ

2010年08月10日火曜日

平素は格別のご愛顧を賜わり、厚くお礼申しあげます。

さて、誠に勝手ではございますが、弊社夏期休業の
休業につきまして、以下の通りお知らせ申し上げます
8月12日(木)〜8月15日(日)まで休業

休業中のご連絡は8月16日にさせて頂きますので
どうぞご了承お願いいたします。

カテゴリー: news

新価想創 様 ショッピングサイト リニューアルしました

2010年07月26日月曜日

初めまして、稲川です。

 

梅雨が明けて一週間、暑い日が続いてますね。
早く秋になってほしいです!

 

さて、今回は以前弊社が制作を手がけた国産自然化粧品「新価想創」のショッピングサイトがリニューアルされましたので紹介します。

 

今回の特徴はTwitter機能を取り入れたことです。
お客さまの商品に対するつぶやきがTOPページに反映されます。
ぜひご覧になって、皆様もつぶやいてみてください。

 

新価想創ショッピングサイトTOP

 

新価想創 様
http://shinkasoso.jp/online/

 

同時にモバイルサイトも公開されましたので、そちらの方もよろしくお願いします。
新価モバイルQR

カテゴリー: news- 実績

岐阜県瑞浪市の花屋「四季彩」様 サイトアップしました

2010年07月07日水曜日

初めまして、早川です。
11月にRoomに入社しているのにブログでは初登場です。
Roomではコーディングを主に担当していますが、最近は毎朝のオフィスの鍵開け担当にもなっています。
朝と社長とHTMLには滅法強い早川と覚えてくださいませ。

 

さて、今回は弊社が制作を手がけた岐阜県瑞浪市の生花店「四季彩」様のサイトが公開されましたので紹介します。

 

四季彩

四季彩様
http://www.sikisai-flower.jp/
鉢物や山野草などを扱っている、岐阜県瑞浪市にある生花店です。

 

今回特に力を入れたのが写真の見せ方です。
且つ、それをCMS(コンテンツマネジメントシステム)化できないだろうかと考えた末、フォトギャラリーのページができました。

 

四季彩 フォトギャラリー

静止画では伝わりませんが、Flashを使用せずjQueryでのスライドショーになっています。
ボタンをクリックすれば自動再生もできます。
更にこのブログでも使用しているWordPressを導入しているので、お客様側での更新が可能になっています。
更新方法もブログの投稿と同じで簡単です。

 

ぜひご覧になってくださいね。

 

四季彩様
http://www.sikisai-flower.jp/

カテゴリー: news- 実績

インタラクティブエージェンシーとは

2010年07月05日月曜日

こんにちはルーム竹中です。
大変あつくなりましたね、外出が多くなり汗だくな日が続きますが、皆様体調には気をつけてくださいませ。

先日ヤフーの検索でインタラクティブエージェンシーと検索すると
1P目に出てくるようになりました。

SEO

SEO

まだまだなじみの薄い言葉ですが、当社はそこの領域を狙った仕事をしていきたいと思っております。

インタラクティブエージェンシーは名前ことかっこいいし、ネットと中心としたプロモーション会社というイメージですが、実際はクライアントとともにビジネスを考え、明るい未来をを実現する為のパートナー会社ではないかと考えます。

昨今において単純にwebサイトをつくってくれとかポスターをつくるというのを目標とする仕事には何の意味も感じられません、何の為に作るのかをしっかりとクライアントと対話してユーザー目線で仕事していきたいと思います。

設立当初の会社の強み、目標をイメージした説明文が下記にありますが
3期目をむかえてこれをさらに掘り下げて明確にしていきたいと思います。


Roomはインタラクティブ性を駆使した斬新なキャンペーンサイトの制作屋外広告(デジタルサイネージ)や自社ブログの開設、SNS(mixiやMyspace)や動画共有サイト(youtube)などのソーシャルメディアの力をうまく活用した企画展開などインターネットを軸としたトータル・プロモーションを得意としています。
またインターネット以外のメディアとの連動を含めたキャンペーンプロデュースをご提供します。

カテゴリー: news

今後の制作の行く末

2010年05月17日月曜日

こんにちはroom竹中です。

最近は暖かくなっておりまして半袖で十分な季節になりましたね

事務所で制作等している我々にとってこういうときは外にでたいとつく
づく思います。といいつつ私はよく外出てますが。

さて最近ですがアップルが完全にiPhoneにおいてフラッシュを排除した事から
偶然か必然かフラッシュをつかわないで制作してくれという依頼が増えております。

先月そういう話を先読みするかのような制作をさせて頂きました。
こちらを使う事によりフラッシュのような動的な動きが可能になります。

ユーザーからしてみればそれがフラッシュで動いているかどうかなどは関係なく
見れるか見れないかの方が重要ですね。
現にフラッシュで制作したサイトはiPhoneではみれませんから
これは不便です。

制作したサイトはこちら新着の部分に使ってます
国産自然化粧品のサイト新価想創の中でjQueryで制作させて頂きました。


JavaScriptHTMLの相互作用を強化する軽量なJavaScriptライブラリーとでも言いましょうか。

スクリーンショット(2010-05-17 17.48.17)

http://shinkasoso.jp/index.php
下記のような驚くべきサイトもあります。ここまでくるとさすがに
フラッシュサイトかどうかなど気にならなくなるレベルです。

http://www.sebcreation.com/interaction-webdesigner.html
今後デジタル放送化などから機器媒体に依存されないコンテンツ制作を余儀なくされると思います。

本当の意味でのユビキタス時代の到来を予感させます今日この頃です。
ネットが生活の一部になりどの機器を利用してインターネットにつながる、私が子供の頃に見ていた世界が現実になってきましたね、すごく楽しみです。

カテゴリー: news

株式会社RoomのTwitter